フェイスブック広告、新規定の気になる中身

一瞬でも表示されれば1回の閲覧とカウント

ソーシャルメディアを読むとき、あなたは「広告」にも目を通しますか?(写真 : wavebreakmedia / PIXTA)

ソーシャルメディアをスクロールしながら読むとき、はたして消費者は広告を見ているのだろうか? 広告がコンテンツと競い合う環境のなか、企業は自ら出稿した広告がどれほどのインパクトを持っているかを知りたがっている。

いま広告主がプラットフォーム側に求めているのは、いかにビュー(閲覧)をカウントするのかという明確な定義だ。このプレッシャーに対して、媒体社の対応は分かれているが、特に広告売り上げを伸ばしているFacebookの定義づけに注目が集まっている。

広告枠が100%画面上に表示されたら1インプ

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

Facebookは2015年9月17日、米国での新しいインプレッション規定を発表した。それによれば、画面に広告の全体(100%)が映し出されば、1インプレッションとしてカウントされ、料金が発生するという。

上記緑色部分のように広告枠が100%画面上に表示されると、1インプレッション(表示)とカウントされる。たとえ、スクロール操作などで、ゼロコンマ数秒しか表示されていなかったとしても、1インプレッションになる。出典:Facebook for buisness

広告主にとって、この新たな定義は自ら出稿した広告が閲覧される保証となる。しかし、Facebookは時間を要素として考えておらず、読者が記事を素早くスクロールして、広告を認知したかどうかあやふやな場合でも、閲覧されたとカウントするという。

広告業界で働く役員たちの一部は、このFacebookのインプレッション定義が業界を満足させられるのか懐疑的だ。これまでの広告業界は、動画広告が閲覧されたとカウントされるまでの最低秒数の設定を求めていた。

「人々がコンマ数秒でも広告を認識できるとは笑ってしまう」と、匿名を条件に話を聞かせてくれた広告代理店の役員は語る。「確かに、莫大な予算があり、名が知られている企業の広告であれば、ゼロコンマ数秒の表示でも認知は可能だろう。しかし、たったコンマ数秒しか認識されないのであれば、広告のメッセージは本当に伝わるのだろうか?」

次ページ価値のあるインプレッションはコンマ数秒で決まる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT