カーネーションの花は咲く--そごう柏店「までい着」販売会までの足取りを追う

拡大
縮小

だが、母ちゃんたちの不安は開店とともに、うれしい悲鳴に変わった。お客さんが続々と集まってきた。11時ごろには、商品を手に取る人、いろいろと尋ねる人等々で会場はあふれた。
 
 ひっきりなしにやってくるお客さんの中で、小学生の女の子が、寄付した着物が使われたまでい着を見つけ、「ああ、これ、おばあちゃんの着物だよ」と母親に声をかけた。佐野さんが走り寄った。

「ほんとうにありがとうございます」

一面識もない佐野さんと母子が親しげに話し合う。

ウメさん、武藤貞子さん、三輪栄子さん、井上ユキノさんらの縫い子の実演グループの周りには人だかりができた。ある女性が「私は、双葉町から避難して、今、千葉の稲毛に住んでます。飯舘の人たちが来るというから飛んできました」と声をかける。ウメさんたちは椅子から立ち上がってその女性と握手した。

「去年3月12日、南相馬に入院していた主人と母親と3人で、飯舘村を突っ切って避難しました。主人は、その後、いわき市内の病院に入院したけど、亡くなりました。今は、100歳の母親と二人で暮らしています。飯舘の人たちと会えてうれしい」

その女性の目には、うっすらと涙がにじんでいた。

11日、2日目の日曜日はもっと大勢の人たちがやってきた。自分の着物を抱えて「寄付します」と、おずおずと話しかける人も少なくない。そのたびに佐野さんたちは深々と頭を下げた。

飛ぶように商品は売れた。隣の高級洋服売り場の女性社員は「すごいですね。売れて、本当によかった」と笑顔でその光景を眺めている。

午後5時ごろには、ほとんどの品物がなくなってしまった。までいとプリントしたTシャツは合計500枚用意したが、残ったのはわずかに70枚程度。小物類は完売し、100着以上、陳列した半纏、までい着も数着を残すだけになった。
 
 さすがに、高齢のウメさんたちは疲れた。彼女たちを面倒見てきた田中さん、小幡さん、松下さんが「ほかの場所で休んだほうがいい」と気遣った。


■混雑する会場内


■実演する菅野ウメさん(右端)たちに話しかけるお客さん(左)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT