(第38回)あまりに政治的な製造業向けメッセージ

ところで、日本には、「一票の格差」がある。参議院議員(選挙区、09年)1人当たり選挙人名簿登録者数を見ると、東京、神奈川が100万人を超えているのに対して、製造業の比率が20%以上の県のうち山形、富山、長野、岐阜、福井、福島で50万人未満である。

首都圏で一票の価値が低いことは、サービス産業の声が政治に反映されにくいことを意味している。それに対して、一票の価値が低い地域で製造業の比率が意外に高いのだ。

「一票の格差」は、これまで、「都市地域対農村地域」の問題と考えられていた。その要素はいまでもあるが、「サービス産業対製造業」の問題でもあるのだ。今後地方都市で工場閉鎖の動きが進むと、さらにその傾向が強まるだろう。

製造業の縮小による雇用問題は、「経済的には望ましい方向が政治的な抵抗のために実現できず、経済的に必要なことと逆方向の政策が取られる」という意味で、経済問題というよりは、政治問題である。高度成長期の日本では、農業が政府の補助に依存する産業となった。これからは、製造業が政府補助に依存するようになる。雇用調整助成金、エコカー補助金、エコポイント、そして円安政策と、失業を顕在させないための政策がすでに行われている。

産業構造が転換するとき、失業者の増加は不可避だ。アメリカはこれを甘受しつつ産業構造を転換しつつある(ただし、オバマの政策に見られるような抵抗もある)。

日本では、政府の施策で失業率の上昇が抑えられている。しかし、これは必ずしも望ましいとはいえない。第一に、過剰人員を抱えたままでは、企業の利益は低迷を続けざるを得ない。第二に、雇用が守られるのはすでに雇用された人だ。これから雇用される人と、現在のシステムの外にいる人は守られない。実際、若年者の失業率は、9%程度と平均の2倍の高さだ。

野口悠紀雄(のぐち・ゆきお)
早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授■1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省(現財務省)入省。72年米イェール大学経済学博士号取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年4月より現職。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書は『金融危機の本質は何か』、『「超」整理法』、『1940体制』など多数。(写真:尾形文繁)

(週刊東洋経済2012年3月10日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。