(第38回)あまりに政治的な製造業向けメッセージ

「その速度と柔軟性は息を飲むほどだった。同じことをできる工場は、アメリカにはない」

「彼らは一晩で3000人を雇い、寮に住むことを納得させる。そんな工場がアメリカにあるだろうか」

「iPhone組み立て作業の監督に必要な8700人の工業エンジニアを見つけるのに、アメリカなら9カ月かかる。しかし、中国だとわずか15日だ」

「いまや、サプライチェーン全体が中国にある。ゴム製ガスケットが1000個必要? それなら隣の工場だ。100万個のねじが必要? それなら1ブロック先の工場だ。そのねじに変更を加えたい? 3時間あれば十分だ」

こうしてアップルは巨額の利益をあげた。もちろん問題は、それによって雇用がアメリカから失われることである。新しい産業が成長しても、年配の失業者は、職を得られないからだ。

製造業の声が米大統領選を決める

上の記事によると、オバマ大統領は、11年にシリコンバレーの経営者達と会食したとき、「iPhoneをアメリカで作れるか」とジョブズに聞いた。ジョブズの答えは、明白な否定だった。上のことを考えれば、当然のことだ。

しかし、今年の一般教書演説で、オバマは「製造業をアメリカに呼び戻そう」と訴えた。80年代のMade in Americaと同じ発想だ。ジョブズの返答を無視した、経済的合理性を欠く、大統領選挙を控えての政治的メッセージである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT