(第38回)あまりに政治的な製造業向けメッセージ

「その速度と柔軟性は息を飲むほどだった。同じことをできる工場は、アメリカにはない」

「彼らは一晩で3000人を雇い、寮に住むことを納得させる。そんな工場がアメリカにあるだろうか」

「iPhone組み立て作業の監督に必要な8700人の工業エンジニアを見つけるのに、アメリカなら9カ月かかる。しかし、中国だとわずか15日だ」

「いまや、サプライチェーン全体が中国にある。ゴム製ガスケットが1000個必要? それなら隣の工場だ。100万個のねじが必要? それなら1ブロック先の工場だ。そのねじに変更を加えたい? 3時間あれば十分だ」

こうしてアップルは巨額の利益をあげた。もちろん問題は、それによって雇用がアメリカから失われることである。新しい産業が成長しても、年配の失業者は、職を得られないからだ。

製造業の声が米大統領選を決める

上の記事によると、オバマ大統領は、11年にシリコンバレーの経営者達と会食したとき、「iPhoneをアメリカで作れるか」とジョブズに聞いた。ジョブズの答えは、明白な否定だった。上のことを考えれば、当然のことだ。

しかし、今年の一般教書演説で、オバマは「製造業をアメリカに呼び戻そう」と訴えた。80年代のMade in Americaと同じ発想だ。ジョブズの返答を無視した、経済的合理性を欠く、大統領選挙を控えての政治的メッセージである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。