自然界の不思議が研究のヒントになる--『光触媒が未来をつくる』を書いた藤嶋昭氏(東京理科大学学長)に聞く

──自然界には研究のヒントがたくさんあると……。

サボテンにしてもカラカラの土地でなぜ成長するのか。それもトゲに秘密があって、そこに大気中の少ない水を集める工夫があるのではないか、と考えている。自然界に不思議なことはいっぱいある。それをヒントに、科学技術の新たな展開ができればと思っている。

(聞き手・本誌:塚田紀史 撮影:大澤 誠 =週刊東洋経済2012年3月10日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ふじしま・あきら
専門は光触媒、機能材料。東京大学名誉教授。1942年生まれ。東大博士課程修了。初代東京大学特別栄誉教授。日本化学会会長、日本学術会議会員などを歴任。日本化学会賞をはじめ、日本学士院賞、恩賜発明賞、日本国際賞、文化功労者、ゲリッシャー賞、ガルバーニメダルなど受賞歴多数。

『光触媒が未来をつくる』 岩波ジュニア新書 861円 207ページ


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT