自然界の不思議が研究のヒントになる--『光触媒が未来をつくる』を書いた藤嶋昭氏(東京理科大学学長)に聞く

──身近な例では、鏡の曇り止めで有用です。

展望浴場のガラスが曇らなくなる。曇るのは蒸気が小さな水滴になるからであり、水が膜のように覆えば曇らない。酸化チタンでそうすることができる。自動車のサイドミラーなどにも利用されている。

最近目立つのは、ビルの外装防汚への活用。国内では、2002年の東京駅前の丸ビルが最初で、6階までのタイルにコーティングした。油汚れがつかないし、大雨が降ればセルフクリーニング効果で表面がきれいになる。このほか、つくばエクスプレスや田園都市線、東横線ほかで駅舎のテント素料にもコーティングしている。テントといえば、エジプトにある大ピラミッドの横で、吉村作治教授が太陽神の船を見つけたが、その作業場のテントに光触媒が使われているのが話題だ。

──ご自宅にも。

12年前に塗った。今は世界中で使われている。上海万博のときには日本館ばかりでなく、フィンランド館はじめ多数に上った。最近では、欧州でフランスのポンピドーセンター(国立美術文化センター)の分館、同じフランスのルーブル美術館入り口のピラミッド型建物、さらにイタリア、ブルガリア、オランダ、ドイツなどの建物で使われている。また米国ではダラスのアメリカンフットボール競技場の屋根が光触媒付きになるなど盛んだ。

──空気清浄は道路資材にも応用されて……。

欧州にはディーゼル車が多い。排気ガスに含まれる窒素酸化物を酸化して除去するため、セメントの表面に酸化チタンを付ける試みが行われている。光触媒でコーティングした舗装道路も考えられる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT