シンガポールからカーストの国インドへ--在インド中小企業経営者・小和田宏明氏に聞く

 

--個人資産を全部出したんですか?

まあ、カッコよくいえばそうなんだけどね(笑)。当時の関係者に会うと、本当に上手く逃げたと言われるんですよ(笑)。

--それで、新天地を求めてインドに来たということですね。

で、日系企業向けに現地紙の記事を日本語訳を提供する「日刊インドビジネス」をはじめることにしました。

--なるほど、インドに来て、また学生時代の経験と繋がったわけですね。長いシンガポール生活の後、不便なインドに来てどうですか?

シンガポール時代の35年は、嫌な思いをすることはなかったです。毎日楽しかったですよ。それに比べるとインドは大変です。インドでの15年は、シンガポールでの35年を超えるものがあります。

やっぱり一番堪えるのは、小さなトラブルが毎日のように起きることです。大きなことじゃない。パソコン開けても起動しないとか、コンセントをガチャガチャやってたら「あ、電気がきた」とか、顔を洗おうと思って蛇口ひねったら「水が出ない」とか、駐在員の奥様方なんかは、まずこれで頭にきちゃうんです。

会社に電話したりして、修理屋に頼んでも、時間通りにはまずこないし、逆に悪くなったり、そういう次元の低いことで皆さん大体、まいってしまいます。奥様方は大変ですよ。

--いいところは?

いいところは、人をたくさん使えることですね。サーバントの使い方は重要です。向こうもこちらを見ています。隙あらばなんかもらおうと思っていますから。向こうから声をかけようとしてくるということはまずしません。それは失礼なことですから。インド人同士会うと、どの程度のランクの人かわかるんですね。まだまだ、カーストの国です。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT