シンガポールからカーストの国インドへ--在インド中小企業経営者・小和田宏明氏に聞く

シンガポールからカーストの国インドへ--在インド中小企業経営者・小和田宏明氏に聞く

シンガポール在住35年の後、1998年にインドに移住、インド進出企業向けに現地紙の翻訳記事などを提供するNikkan India Business Pvt. Ltdを立ち上げ、デリーでの生活も15年近くなる小和田宏明氏。

飄々としたたたずまい、行動的なコスモポリタン、というユニークな二面性。海外在住50年という達人ながら、親しみやすい小和田氏のまわりには自然と人が集まる。「押し付けられたグローバル化」に辟易している日本の若いビジネスマンにとって、海外で自由にビジネスを行う同氏から学べる本質は多い。

デリー小和田宏明氏自宅にて、株式会社ネクストマーケット・リサーチの須貝信一氏が取材した。

--まず、シンガポールにいた35年そうですが、まずはそこからお伺いします。

中央大学を卒業後、造船会社に就職しました。一応、新人研修した後、経理にまわされて、毎日ソロバンで面白くなかったんです。早く1日が終わらないかと思っていました。それが人生で1カ月だけやったサラリーマンの感想です。つまらないので一カ月で辞めました(笑)。大学教授から推薦をもらって、シンガポール大学にいくことができたんです。

 

 


--そしてシンガポール大学に留学したと。1963年というのは早いですね。

今はシンガポールというと、格好いいイメージすらありますが、当時の英領だった頃のシンガポールは、貧しい国でしたし、まだバンコクのほうが進んでいたんですよ。今のインドみたいなところでした。物乞いもたくさんいたし、みんな貧しかったですよ。リー・クワン・ユーの時代より前の話です。でも、みんな貧乏でしたが、暖かい場所なので悲惨な感じはなかったですね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT