シンガポールからカーストの国インドへ--在インド中小企業経営者・小和田宏明氏に聞く

シンガポールからカーストの国インドへ--在インド中小企業経営者・小和田宏明氏に聞く

シンガポール在住35年の後、1998年にインドに移住、インド進出企業向けに現地紙の翻訳記事などを提供するNikkan India Business Pvt. Ltdを立ち上げ、デリーでの生活も15年近くなる小和田宏明氏。

飄々としたたたずまい、行動的なコスモポリタン、というユニークな二面性。海外在住50年という達人ながら、親しみやすい小和田氏のまわりには自然と人が集まる。「押し付けられたグローバル化」に辟易している日本の若いビジネスマンにとって、海外で自由にビジネスを行う同氏から学べる本質は多い。

デリー小和田宏明氏自宅にて、株式会社ネクストマーケット・リサーチの須貝信一氏が取材した。

--まず、シンガポールにいた35年そうですが、まずはそこからお伺いします。

中央大学を卒業後、造船会社に就職しました。一応、新人研修した後、経理にまわされて、毎日ソロバンで面白くなかったんです。早く1日が終わらないかと思っていました。それが人生で1カ月だけやったサラリーマンの感想です。つまらないので一カ月で辞めました(笑)。大学教授から推薦をもらって、シンガポール大学にいくことができたんです。

 

 


--そしてシンガポール大学に留学したと。1963年というのは早いですね。

今はシンガポールというと、格好いいイメージすらありますが、当時の英領だった頃のシンガポールは、貧しい国でしたし、まだバンコクのほうが進んでいたんですよ。今のインドみたいなところでした。物乞いもたくさんいたし、みんな貧しかったですよ。リー・クワン・ユーの時代より前の話です。でも、みんな貧乏でしたが、暖かい場所なので悲惨な感じはなかったですね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT