糖質制限の権威が語る「心と健康」の深い関係 アドラーは最強の健康法だった!

拡大
縮小

――心を変えるとは、具体的にどのように変えるのでしょうか。

それまでの常識にとらわれず、病気と治療について新しい眼で見直すことを、「心を変える」と言っています。

「治さなくてもいい」病気もある

たとえば、アトピーの患者さんには、それが治ると、もっと悪い病気を発症させるケースがあり、中にはアトピーが完治した途端、精神病を発症して、自殺未遂を起こした人もいます。こうしたケースを「治らなくてもいいアトピー」と私は呼びます。

アドラー関連書は多数出ているが、健康書は今回が初めて(撮影:編集部)

この例では、「病気は何が何でも治すべきだ」という常識にとらわれると、真の健康が見えなくなると思うんですよ。患者さんの健康のためには、むしろ治さないほうがいい病気もあるという事実は、心を変えないと気づくことができないんですね。

逆に、心を変えると新しい健康観が見えて、それを実現できると思うのです。

――新しい健康観とはどういうことでしょうか。

私は「健康の意味を自分で決めていい」と思っています。すると、100人いれば、100とおりのそれぞれに違った健康観があることになります。人によっては、「病気があっても健康に生きることは可能」という健康観もありうるのです。

たとえば、先ほども申し上げたとおり私は糖尿病ですが、糖質制限食を実行していて血糖値は正常ですし、合併症のリスクも正常な人とほぼ同じです。現実に、私は病気なのに、健康になれたわけです。

同じように、どんな重病の人でも、心を変えれば、健康になれる道は必ずあります。

心を変えることで、自分自身が真に求める健康とは何なのかがわかるんですね。自分の求める健康がわかってこそ、楽しく元気に生きていくことができるのだと思うんです。

つまり、新しい健康観とは、「自分が本当に求める健康」のことなのです。

今度の本を読んだことがきっかけになって、多くの人が心を変えて、本当に自分らしい健康を手に入れる。ぜひ、そうなってほしいと、大いに期待しているんですよ。

(撮影:今井 康一)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT