糖質制限の権威が語る「心と健康」の深い関係

アドラーは最強の健康法だった!

「糖質制限食」のパイオニアである医師の江部康二氏は、自らを「糖尿病だが健康」と語る(撮影:今井 康一)
「糖質オフ」食品が普及する昨今、新しい健康常識として定着した感がある「糖質制限食」。その開拓者で普及の立役者でもある江部康二氏は、京都の高雄病院の理事長で、漢方やアトピー治療、断食療法などのパイオニアでもあった。江部氏は、幾多の新療法を確立してきた自らの考え方がアドラーの心理学に非常に近いと言い、『心を変えれば健康になれる!――アドラー心理学で病気も良くなる』を上梓した。その江部氏に話を聞く。

アドラーを日本医療の新常識に

糖質制限食ブームを巻き起こしたカリスマ医師が、今、いちばん伝えたいことは、「心と健康」の深い関係だった。「病気を治すのは医者ではなく、あなた自身の心の持ち方です」

――アドラーの心理学が病気の治療や健康と、どう関係しているのでしょうか。

たとえば、アドラーは「人を心と身体に分けることはできない」と言いました。この見方は「全体論」と呼ばれ、漢方やホリスティック医学とも共通していて、専門分化が進みすぎて全体像がわかりにくいという、現代の西洋医学の問題点を解決するカギなんですよ。

特に、アトピーなどのアレルギー性疾患、メタボや糖尿病など現代社会で大きな問題となっている生活習慣病は、心と身体の結び付きに注目しないと改善できません。

このように、アドラーの問題解決についての考え方は、病気の治療や健康を考える際にも応用が可能で、実践的な健康法として非常に有用なのですね。

次ページ心を変えると健康になれる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。