仕事が速い上司の「0秒仕事術」ベスト3

なぜあの人のチームは成果が上がるのか?

1位 メンバーの「モンキー」を背負わない

リーダーばかりが忙しく遅くまで残業をし、メンバーは暇で仕事が早く終わり帰宅する。あなたのチームがそうであれば、それは100%リーダーの責任です。

よく「俺ばかりが仕事をして、部下が全然使えない」という愚痴を言う人がいますが、仕事ができないことを自慢しているようなものなので、すぐやめたほうがいいでしょう。

リーダーが忙しくしていると、チームを動かすという最重要の仕事をすることができなくなります。

メンバーから見るとリーダーのやり方こそが問題なのです。

「どうしたらいいですか?」には「どう思う?」で返す

私がリーダーとして最も影響を受けた本のひとつに『1分間マネジャーの時間管理』という本があります。この本では、部下の仕事をモンキー(猿)にたとえ、部下のモンキーは上司が背負うべきではない、と言っています。

部下の仕事に問題が発生し、それを相談しにきました。

A「わかった、私が一旦預かろう」

B「わかった、解決案をいくつか考えてきてくれ」

あなたはどちらの言葉を言うでしょうか。Aの場合、モンキーはリーダーの肩に、Bの場合、モンキーは部下の肩に乗ります。

前者を繰り返すと、何人もの部下のモンキーがリーダーの肩に乗ってしまい、リーダーはいくら時間があっても足りなくなります。たくさんのメンバーが、リーダーに預けたモンキーが結果を持ってくるのを待っている、という状況になってしまうのです。

リーダーは自分が背負うべきモンキーのみを背負い、メンバーが背負うべきモンキーはメンバーに背負わせるようにしましょう。

私はメンバーが

「どうしたらいいですか」

と聞いてきたときには、必ず

「どうしたらいいと思う?」

とおうむ返しで返事をすることに決めています。

メンバーも、私からは「どうしたらいいと思う?」という答えしかもらえないとわかると、あきらめて自然に「私はこうしようと思うのですが、よいでしょうか?」という質問の仕方に変わりました。

「どうしたらいいと思う?」という質問は、リーダーがボトルネックにならないだけでなく、実はメンバーを育てるという副次効果もあり、強いチームを作ることにもなるのです。

今回は、チーム内のアイドル時間を削減する観点で、簡単に実践でき、効果がすぐに現れるものを選んで紹介しました。チームが成果を出すかどうかは、偶然ではなく必然です。

ぜひ実践してみてください。すぐにチームの変化を感じるはずです。なお私が実践している仕事術はブログでも紹介しています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT