自分の心がザラッとするときは、必ず立ち止まって考えたほうがいい--緒方大助・らでぃっしゅぼーや社長(第6回・最終回)

経営学の先生はたくさんいますが、経営の先生はいませんからね。すばらしいと思う人の話を聞きに行ったり、失敗することでしか鍛えられないのが経営です。僕は昔から、ヤマト運輸(現ヤマトHD)元会長の小倉昌男さんやセコム創業者の飯田亮さんなど、尊敬している経営者には手紙を書いて会いに行きました。

--経営者としていちばん苦しいことは何ですか。

社員にしろ取引先にしろ、それまで一緒にやってきた仲間を切るのがいちばん苦しいと思います。ゼネラル・エレクトリック社の元CEO、ジャック・ウェルチ氏も「経営者にとって人を切るということはいちばんつらい仕事だ、人を切ることを楽しむ人間と人を切れない人間は経営者になるべきではない」と言ってますよね。僕は社員を切ったことはありませんが、役員や取引先を切った経験はありますので本当にそのとおりだなと思います。

--どうやってその苦しさを乗り越えてきたのでしょうか。

人に胸を張って自分の判断を説明できるかどうかということを自分に問いかけます。苦しくても説明できるのであれば乗り越えられます。論理的に説明できるかどうかではなく、胸を張って説明できるかどうか。たとえばオリンパスの経営陣は、論理的に正しい選択をしたと思っているでしょうが、その判断は胸を張れることとは別だったと思うんです。経営者は、つねに人に対して胸を張れないといけません。そのためには、社会的倫理観や自分の倫理観に照らし合わせてみて曇りがないかどうかということを、つねに合わせ鏡のように自己確認していないといけないと思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT