隠蔽が止まらぬ明治、情報開示に二の足

社員に急きょ誓約書 内容に違法性の疑い

 

緊張感が続く中、12年を迎えた明治。浅野茂太郎社長の社内向け年頭あいさつは、異例の形式で行われたという。例年はテープ放送と同時に、全社員が文書での回覧ができた。が、今年については「企業秘密」が含まれることを理由に、「テープで流されただけで、文書での回覧も社内パソコンにも掲示されなかった」(社員)。

4月から牛乳に含まれるセシウムの基準値はこれまでの1キログラム当たり200ベクレルから50ベクレルへと厳しくなる。消費者の目が一段と集まる中、情報隠蔽を重ねる明治が、業界最大手としての責任を果たす日は来るのだろうか。


明治ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(張 子溪 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2012年2月11日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。