隠蔽が止まらぬ明治、情報開示に二の足

社員に急きょ誓約書 内容に違法性の疑い

 

社員に急きょ誓約書 内容に違法性の疑い

粉ミルク問題に関しても、11月中旬からインターネットを通じて汚染情報が明治側に入っていたにもかかわらず、約2週間にわたって放置した。結局、市民団体によるマスコミへの情報提供をきっかけに、明治はやっと粉ミルクの放射能汚染を公表し、詳細検査を開始した。「業界首位の明治が、批判が広がるまで問題を無視し続けたことは残念だ」(放射能を子どもから守る会の主婦会員)と、消費者の不信感は強まる一方だ。

明治の目はその間、社内に向けられていた。全社員に業務上の情報を漏らさないよう、「秘密保持誓約書」と「個人情報の取得・利用に関する同意書」(写真)を配布し、提出は12月2日本社必着で情報管理を急いだ。

本誌の取材に対し、明治は「2011年4月に旧明治製菓・旧明治乳業を再編し、新会社に移行したことに伴い、人事諸制度等を統一していく中で実施したもの」と書面で回答した。が、受け取った社員は「なぜ4月の再編時点ではなく今頃なのか。セシウム入り牛乳問題が報道されていた11月初旬に突如配られて、タイミングに違和感がある」と明かす。

また誓約書の第4項では、退職時にあらためて誓約書の提出を求めている。これに対して、二重橋法律事務所の高谷裕介弁護士は「退職時における誓約書の提出を義務づけるものであり、おそらく就業規則に定められていないと思われる。しかも、誓約書の内容について明確でない状況で、事前に従業員に誓約書提出義務を負わせるのは、違法無効となる可能性が高い」と指摘する。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。