この世で一番おもしろいミクロ経済学 ヨラム・バウマン著/山形浩生訳

この世で一番おもしろいミクロ経済学 ヨラム・バウマン著/山形浩生訳

マンガで簡単に説明し切れるほど経済学は甘くはないが、若い世代にとっては関心や理解のトバ口としての効用もありえよう。類書はトピカルな経済問題をマンガで解説する手のものがほとんどだったけれど、本書はミクロ経済学に直截に切り込んでみせた。単なる図解でなく、テーマごとに登場人物を設定してショートストーリー風に仕立てたところが特徴である。

個人、数人(相互関係)、市場という三つのパートで最適化が共通テーマとなるが、特に第二のパートでゲームの理論を主題にパレート効率性、囚人のジレンマ、オークションなどが重点的に説明される。需要供給曲線、限界効用、価格弾力性など教科書なら冒頭解説が普通の用語は、市場として最後に出てくるのでそれまでの章が生きてくる構成だ。行動経済学や情報の非対称性など新しめのテーマもさわりだけだが登場する。マンガはギャグ的な部分も多くいかにも米国的だがそれなりに楽しめる。(純)

ダイヤモンド社 1575円

  

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
  • ワインの常識10
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。