この世で一番おもしろいミクロ経済学 ヨラム・バウマン著/山形浩生訳

この世で一番おもしろいミクロ経済学 ヨラム・バウマン著/山形浩生訳

マンガで簡単に説明し切れるほど経済学は甘くはないが、若い世代にとっては関心や理解のトバ口としての効用もありえよう。類書はトピカルな経済問題をマンガで解説する手のものがほとんどだったけれど、本書はミクロ経済学に直截に切り込んでみせた。単なる図解でなく、テーマごとに登場人物を設定してショートストーリー風に仕立てたところが特徴である。

個人、数人(相互関係)、市場という三つのパートで最適化が共通テーマとなるが、特に第二のパートでゲームの理論を主題にパレート効率性、囚人のジレンマ、オークションなどが重点的に説明される。需要供給曲線、限界効用、価格弾力性など教科書なら冒頭解説が普通の用語は、市場として最後に出てくるのでそれまでの章が生きてくる構成だ。行動経済学や情報の非対称性など新しめのテーマもさわりだけだが登場する。マンガはギャグ的な部分も多くいかにも米国的だがそれなりに楽しめる。(純)

ダイヤモンド社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。