AppleTVに秘められた壮大なる発展シナリオ

アップルは「趣味」から「本気」へシフト

Siriはこれまで、iPhone、iPad、Apple Watchなど、アップルのタッチデバイスに搭載されてきたiOSの音声アシスタントだった。Apple TVへのSiriの採用は、タッチディスプレイが搭載されていないデバイスとしては初めてとなる。

そのため、タップ操作の補助がない環境で、検索やアプリ起動などの用途をどれだけ快適に行えるか、という大きな試金石となる。

ゲーム市場をどうとらえるか?

見た目は、これまでと大きく変わるわけではない

最後に、ゲームについて触れておこう。Apple TVは64ビットプロセッサA8を搭載し、iOSでもおなじみのMetalを搭載し、高い表現力を確保している。

そして、Siriのマイクとして利用できるSiri Remoteを横に構え、ゲームパッドとして利用できる。あるいは、モーションセンサーを使ったゲームを開発することも可能だ。

まずはiPhone・iPad向けに配信されたゲームが移植されていくことになる。そのせいか、タッチアンドトライ会場でのデモを通じて感じたのは、カジュアルに長く楽しめるゲームが中心となるということだ。

iPhone・iPadと異なる楽しさを提供できるとすれば、これまで自分の手元の画面だけでプレーしていたゲームのディスプレイをテレビに変えることで、複数人でのプレーを実現する点だ。純正のSiri RemoteはApple TV1台に対して1つしかペアリングできないが、前述の通りBluetoothデバイスを複数台ペアリングすれば、コントローラーを使ったマルチプレーを楽しめる。同時プレー人数は、Apple TVとしての制限は設けておらず、アプリ次第だという。

ソニー「プレイステーション」、マイクロソフト「XBOX」のような元々テレビゲームとして開発された複雑で迫力のあるゲームというよりは、競合となり得るのは任天堂のWii向けのタイトルだろう。こちらについては、タイトルが出揃い次第、より深く触れていきたいと思う。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT