AppleTVに秘められた壮大なる発展シナリオ

アップルは「趣味」から「本気」へシフト

今回の新型Apple TVで最もインパクトとなるのが、App Storeへの対応だ。iOSベースの新OSである「tvOS」を搭載し、これまでアップルのパートナーにのみ開放されてきたアプリ開発が、サードパーティー開発者にも開放された。

今回からApp Storeへ対応

iPhoneやiPadで実践してきたアプリによるデバイスの魅力を高める手法を、テレビ向けのセットトップボックスにももたらそうという考えだ。そう聞くと、さほど新しいアイディアではないようにも聞こえるが、前述のクック氏の言葉によると、それでもテレビの未来なのだという。

テレビの役割が、コンテンツも含むアプリを映し出すための「家で一番大きなディスプレイ」に変わるのだ。

モバイルデバイスから時間を取り戻すツール

テレビからすれば、放送によるコンテンツからインターネット側のものへと、表示する時間が奪われることになる。テレビというデバイスそのもののことを考えれば、モバイルデバイスを中心としたインターネットに奪われてきた時間を取り戻すための外部ツールと見ることもできるだろう。

他方、アプリ開発者からすれば、スマートフォンやタブレットに加えて、リビングルームでより快適にアプリを楽しむ手段が増えることを意味する。これまでiPhoneにアプリを提供してきた開発者は、そのサービスの領域をスムーズにテレビへと広げることができる。

アップルのデモでは、ショッピングサイトのGILTが、Apple TVアプリを披露していた。あるいは不動産を探すアプリは、テレビの大きな画面を用いて新しい家探しをソファから行うスタイルを示してくれる。

確かにこれらも魅力的だが、よりモバイルらしいアプリの移植も効果的ではないかと思う。

次ページタクシーをテレビ画面から頼むことも可能に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT