AppleTVに秘められた壮大なる発展シナリオ

アップルは「趣味」から「本気」へシフト

野球、バスケットボール、アメリカンフットボールの3大スポーツは、米国のテレビにとって重要なコンテンツ。今回、アップルはここにも食い込んできた

アップルはiPhone 6sシリーズやiPad Proをリリースしたイベントで、新型Apple TVをリリースした。発表する際、「未来のテレビはアプリだ」と宣言したティム・クックCEO。新製品の目玉は音声アシスタントSiriのサポートと、App Storeの対応だ。

発売は2015年10月下旬を予定しており、タッチアンドトライもあまり充分な時間を取ることができなかったが、その使用感と今後について考える。

「趣味」から「本気」へシフトチェンジ

Apple TVを登場させてからしばらくの間、スティーブ・ジョブズ氏も「趣味」と称していたテレビ向けの製品カテゴリだった。しかし2007年1月と発表も早かったことから、既に累計2500万台を販売し、2013年には関連の売り上げが10億ドルを上回っている。

アップルが新たなデバイスとしてテレビをリリースするのではないか、という噂は一昨年からささやかれてきた。その一方で、すでにコモディティ化しているマーケットへの参入は、アップルが得意とする高級路線であっても難しく、現実味に乏しいとの見方が強かった。

今回のApple TVも、テレビに接続するセットトップボックスという位置づけでのリリースであり、これまでのアプローチを堅持したことになる。しかし、その中身は、「趣味から本気」へのシフトチェンジが行われた、と評価できる内容になっている。

次ページApple TVはどう変わるか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。