摂関政治 シリーズ日本古代史(6) 古瀬奈津子著

摂関政治 シリーズ日本古代史(6) 古瀬奈津子著

摂関政治とは、藤原氏が代々、摂政や関白となって天皇の代理、あるいは補佐役として政治の実権を握った政治形態のこと。息女を天皇のきさきにし、外戚となって天皇家との関係を強化、政治に介入していった。その最盛期を担った藤原道長が、わが世の栄華を満月に例えたことはつとに知られる。彼らは、いかにして権力を手に入れたのか、その革新性に迫る。

この時代は華やかな王朝文学『源氏物語』や『枕草子』が成立した時期でもある。物語に描かれる「殿上人」たちの生活なども詳しい。

本書をもって、岩波新書の日本古代史シリーズは完結。摂関政治を中心に、武士の台頭、末法思想の広がりなど、中世への胎動を描く。

岩波新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。