摂関政治 シリーズ日本古代史(6) 古瀬奈津子著

摂関政治 シリーズ日本古代史(6) 古瀬奈津子著

摂関政治とは、藤原氏が代々、摂政や関白となって天皇の代理、あるいは補佐役として政治の実権を握った政治形態のこと。息女を天皇のきさきにし、外戚となって天皇家との関係を強化、政治に介入していった。その最盛期を担った藤原道長が、わが世の栄華を満月に例えたことはつとに知られる。彼らは、いかにして権力を手に入れたのか、その革新性に迫る。

この時代は華やかな王朝文学『源氏物語』や『枕草子』が成立した時期でもある。物語に描かれる「殿上人」たちの生活なども詳しい。

本書をもって、岩波新書の日本古代史シリーズは完結。摂関政治を中心に、武士の台頭、末法思想の広がりなど、中世への胎動を描く。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT