あなたは自分を利口だと思いますか? ジョン・ファーンドン著/小田島恒志ほか訳

あなたは自分を利口だと思いますか? ジョン・ファーンドン著/小田島恒志ほか訳

グーグルなどIT企業の入社試験問題のユニークさはよく知られているが、世界的に著名な大学、英国のオックスフォードやケンブリッジも入試の面接問題のユニークさでは定評がある。問われるのは知識や教養、経験ではなく、思考力である。

そもそも本書のタイトルは、その過去の出題例(法学部)の一つ。本書に収録されている60問から、さらに引用すれば、「アリを落とすとどうなりますか?」(オックスフォード大学・物理学)、「私には考えがある、と思わせるものは何ですか?」(同大学・数学、哲学)、「牛1頭には世界中の水の何%が含まれていますか?」(ケンブリッジ大学・獣医学)、「火星人に人間をどう説明しますか?」(同大学・医学)などという具合。

設問には解答例と、それにまつわるコメントが書き込まれているが、デボノの「水平思考」が求められているのは確かだろう。ただし、合否判定にどう利用するのかは定かではない。

河出書房新社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。