あなたは自分を利口だと思いますか? ジョン・ファーンドン著/小田島恒志ほか訳

あなたは自分を利口だと思いますか? ジョン・ファーンドン著/小田島恒志ほか訳

グーグルなどIT企業の入社試験問題のユニークさはよく知られているが、世界的に著名な大学、英国のオックスフォードやケンブリッジも入試の面接問題のユニークさでは定評がある。問われるのは知識や教養、経験ではなく、思考力である。

そもそも本書のタイトルは、その過去の出題例(法学部)の一つ。本書に収録されている60問から、さらに引用すれば、「アリを落とすとどうなりますか?」(オックスフォード大学・物理学)、「私には考えがある、と思わせるものは何ですか?」(同大学・数学、哲学)、「牛1頭には世界中の水の何%が含まれていますか?」(ケンブリッジ大学・獣医学)、「火星人に人間をどう説明しますか?」(同大学・医学)などという具合。

設問には解答例と、それにまつわるコメントが書き込まれているが、デボノの「水平思考」が求められているのは確かだろう。ただし、合否判定にどう利用するのかは定かではない。

河出書房新社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT