蛍の航跡 帚木蓬生著

蛍の航跡 帚木蓬生著

現役の医師による『蝿の帝国』と対をなす大作だ。陸海軍軍医15人の手記の形を取ったノンフィクション風小説だが、変化に富む短編集となっていて飽きさせない。医薬も食料もほとんどない中、軍医たちは戦傷者よりもむしろ飢餓や赤痢、マラリアへの対応に追われる。米軍に翻弄され武器もなくジャングルを「転進」する将兵、置き去りにされる末期の兵士たち。その描写はリアルの一語だ。日本兵の残虐行為、逆に豪軍捕虜となっての死の行進、シベリア抑留の苦難、これらもまた重くのしかかる。

惨禍の描写が圧倒的な力で迫る一方で、軍隊生活のエピソードや哀歓、現地の人々との心温まる交流など、救われる物語も少なくなく、構成もすばらしい。人と事態を客観視する冷静さが随所に表れるのは軍医ならでは。克明な描写とともに巧まざるユーモアが価値を高めている。医師たちは極限状況で何を考えたのか。読み継がれるべき戦争文学の傑作である。(純)

新潮社 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。