危機の指導者チャーチル 冨田浩司著 ~問題は国民にあるのではと問いかける

危機の指導者チャーチル 冨田浩司著 ~問題は国民にあるのではと問いかける

評者 中沢孝夫 福井県立大学特任教授

「選挙というものは、野党が勝つものではない。与党が失うのだ」(マクミラン元英首相)とある。そして「政治では一週間は長い時間だ」(ウィルソン元英首相)と。たしかに「現実には連日生起する夥(おびただ)しい数の課題を処理する能力のない指導者に、大きな戦略的判断を期待することは難しい」のだ。

「国家を指導する」ことを人生の目的とした「野心家」ウィンストン・チャーチルの一生を描きながら、民主主義とは、リーダーとは、政治とは……と問いかけている本書は、味わい深い言葉にあふれている。

「戦火の中にあっても議会が機能し続けた」英国で、チャーチルは「言葉」によって国民を導き、歴史をつくった政治家だが、英国の存亡がかかった1940年の5月、次のような演説をしている。「決意をもってそれぞれの務めに取り組もう。大英帝国と英連邦が千年間続くとしても、後世のひとびとが『これが彼らの最も輝ける時だった』と振り返るように」。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。