「軽」がホンダを変える、クルマ作りを抜本改革

「軽」がホンダを変える、クルマ作りを抜本改革

「この車からホンダの第二の創業が始まる」。小型車事業を担当する松本宜之・四輪事業本部第三事業統括は力を込める。

“この車”とは、昨年12月に発売した新型軽自動車「N BOX」。「N」はホンダにとって初の本格的量産車である「N360」に由来する。前輪駆動(FF)を採用、高い運動性能と広い室内空間を両立し、ホンダの4輪事業の礎を築いた名車だ。原点に立ち返る──「N」のネーミングには、ホンダ経営陣のそんな思いが込められている。

N BOXに対するホンダの期待は大きい。なにせ、月販目標は1・2万台。2011年、ホンダの軽自動車の販売台数は、約12・5万にすぎない。1車種だけで昨年の軽全体の台数以上の販売をもくろんでいる。

国内市場では「軽シフト」が続き、国内生産を維持するためにも、軽販売の強化が求められている。が、「第二の創業」の意味はそれだけではない。N BOXには、今後のホンダの小型車戦略を左右する取り組みが秘められている。

「シビック」「アコード」「CR−V」「フィット」。ホンダが誇るグローバルモデルだ。4車種は世界115~160カ国で販売され、ホンダの世界販売の実に6割超を占める。

これまでこの構造はホンダにとって強みだった。グローバルモデルは販売数量が多いため、工場のラインは1車種だけで埋まる。開発費を早期に回収し、さらに次モデルにつぎ込む。そんな正の循環が働いていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT