「軽」がホンダを変える、クルマ作りを抜本改革

開発体制もグローバルモデル重視型だった。栃木県にある本田技術研究所の開発センターに開発を集中。その特徴は一言で言うと「箱単位」。開発チームは1車種ごとで独自性が強く、横の連携は少ない。チームもその車の開発が終われば解散する。1車種を徹底的に作り込むことで、グローバルで競争力を持つ車作りを行ってきた。

しかし近年、これらの強みが弱みに変わりつつある。世界で多様化するニーズに応えられなくなっているのだ。開発が栃木に一極集中するため、どうしても対応が一歩遅れる。

特に弊害の出ているのが、新興国市場。新興国では、品質は中庸でもより廉価な商品が好まれる。先進国の商品をそのまま持ち込んでももはや通用しない。現在新興国市場は世界のおよそ半分を占めるまでに成長しているが、ホンダの世界販売台数に占める新興国の比率は約37%。一方、ライバルの日産自動車のそれは約5割だ(図)。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。