「軽」がホンダを変える、クルマ作りを抜本改革

開発体制もグローバルモデル重視型だった。栃木県にある本田技術研究所の開発センターに開発を集中。その特徴は一言で言うと「箱単位」。開発チームは1車種ごとで独自性が強く、横の連携は少ない。チームもその車の開発が終われば解散する。1車種を徹底的に作り込むことで、グローバルで競争力を持つ車作りを行ってきた。

しかし近年、これらの強みが弱みに変わりつつある。世界で多様化するニーズに応えられなくなっているのだ。開発が栃木に一極集中するため、どうしても対応が一歩遅れる。

特に弊害の出ているのが、新興国市場。新興国では、品質は中庸でもより廉価な商品が好まれる。先進国の商品をそのまま持ち込んでももはや通用しない。現在新興国市場は世界のおよそ半分を占めるまでに成長しているが、ホンダの世界販売台数に占める新興国の比率は約37%。一方、ライバルの日産自動車のそれは約5割だ(図)。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT