「軽」がホンダを変える、クルマ作りを抜本改革

シリーズ化を可能にするには、プラットホームそのものに競争力が必要になる。浅木研究員は「このプラットホームには数年間、時間がある」と表現する。燃料タンクを前席下に配置する独自の「センタータンクレイアウト」に加え、N BOXではエンジンルームを小型化し、アクセルペダルを通常より70ミリメートル前に出して、室内空間を最大化した。「タイヤの直径を考えればこれ以上前には出せない」(同)。現在の軽の規格が続くかぎり、競合他社がこれ以上室内空間を広くすることは難しい。

さらにこだわったのが車の軽量化だ。今回は国内初となるインナーフレーム工法を採用した。同工法では、車のボディ骨格を最初に溶接してから、外板を張り付ける。強度が増すうえ、ボルトや補強材を減らせる。そのほかにも厚さの異なる鋼板を1枚につなぎ合わせたり、新しいプレス手法を導入して、従来から約1割の軽量化を果たした。

鈴鹿に軽の専用ライン 開発部隊も鈴鹿常駐へ

生産体制にも手を入れる。N BOXでは、これまで軽の生産を担ってきた子会社の八千代工業から自社の鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)へ生産を移管、鈴鹿には軽量化のための新規設備を導入した。通常一つの車種は海外を含め複数工場で生産することが多く、新規設備の導入は簡単ではない。しかし「軽ならば国内だけなので、新たなチャレンジがしやすい」(浅木研究員)。

鈴鹿では当初、ほかの乗用車と同じラインで生産する混流生産からスタートするが、Nシリーズとして量を出すことで2本のラインのうち1本を軽専用ラインとする計画。軽専用ライン化をにらみ、自動化をさらに推進、組立工数を2~3割減らす取り組みにも着手した。

もう一つ、鈴鹿で取り組むことがある。開発部隊と生産部隊の連携だ。現在ホンダでは開発の栃木一極集中を改め、鈴鹿に開発部隊が常駐する体制を検討している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT