「軽」がホンダを変える、クルマ作りを抜本改革

契機となったのが、昨年3月に発生した東日本大震災だった。栃木の開発センターが被災。ホンダは鈴鹿や狭山製作所(埼玉県狭山市)などにサテライトオフィスを設け、開発業務を続けた。浅木研究員も約2カ月間、鈴鹿で寮生活を強いられたが、「生産現場で図面を描く効率性をあらためて実感した」。災い転じて福となす。量産前の試作車段階だったが、生産現場で発生したトラブルをスピーディに解決できたという。

ホンダは海外の開発体制強化を急いでおり、その雛型を鈴鹿に作ろうとしているのだ。鈴鹿に常駐する開発部隊の規模や時期は未定だが、将来的にはプラットホームを栃木で造り、車体や内外装などアッパーボディを海外の開発拠点に委ねることも想定している。

「各地域が自主的に事業を回せるようにする。まず鈴鹿でその仕組みを確立する」(松本統括)。N BOXでは、開発段階で造る試作金型を減らし、開発費を従来比2~3割レベルで削減した。軽を収益事業に転換させ、日本だけで自立できる体制を作る。それを成し遂げたうえでホンダは、N BOXの取り組みを海外拠点、特に新興国へ順次波及させようとしている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT