「軽」がホンダを変える、クルマ作りを抜本改革

生産面での現地化はホンダも確かに進んでいる。だが、開発の現地化はライバルに比べ明らかに遅れた。日本での軽の苦戦もこの構造と根っこでつながっている。世界で売れる車作りを優先するあまり、日本独自規格である軽の開発が後手に回ったことが大きい。

ホンダ伝統の「箱単位」から決別

これまでのホンダの車作りを変える──第1弾がN BOXなのだ。

開発責任者である本田技術研究所の浅木泰昭主任研究員は、以前は北米でアコードを担当していた。「自分が世界のホンダを食わせているという気構えだった」(浅木研究員)。が、一転して担当した軽は、事実上赤字の状態。「自分の給料ぐらい稼げるようにする」(同)ために考えたのが、「シリーズ化」だった。

N BOXは一つの“箱”では終わらない。同車のエンジンやCVT(無段変速機)、トランスミッションなどはすべて新開発だが、ホンダは今後このプラットフォームを用いた軽を「Nシリーズ」として売り出す。今年春に車中泊もできる趣味性を高めた新型車、今年後半にはセダンタイプの投入も決まっている。

軽は国内専用で量が出ない。だからこそ、プラットホームを共通化する。部品調達先(サプライヤー)とは、3~4車種のボリュームを前提に取引できる。「今後は“箱単位”の開発から、戦略的にプラットホームを活用していく」(松本統括)。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT