「軽」がホンダを変える、クルマ作りを抜本改革

生産面での現地化はホンダも確かに進んでいる。だが、開発の現地化はライバルに比べ明らかに遅れた。日本での軽の苦戦もこの構造と根っこでつながっている。世界で売れる車作りを優先するあまり、日本独自規格である軽の開発が後手に回ったことが大きい。

ホンダ伝統の「箱単位」から決別

これまでのホンダの車作りを変える──第1弾がN BOXなのだ。

開発責任者である本田技術研究所の浅木泰昭主任研究員は、以前は北米でアコードを担当していた。「自分が世界のホンダを食わせているという気構えだった」(浅木研究員)。が、一転して担当した軽は、事実上赤字の状態。「自分の給料ぐらい稼げるようにする」(同)ために考えたのが、「シリーズ化」だった。

N BOXは一つの“箱”では終わらない。同車のエンジンやCVT(無段変速機)、トランスミッションなどはすべて新開発だが、ホンダは今後このプラットフォームを用いた軽を「Nシリーズ」として売り出す。今年春に車中泊もできる趣味性を高めた新型車、今年後半にはセダンタイプの投入も決まっている。

軽は国内専用で量が出ない。だからこそ、プラットホームを共通化する。部品調達先(サプライヤー)とは、3~4車種のボリュームを前提に取引できる。「今後は“箱単位”の開発から、戦略的にプラットホームを活用していく」(松本統括)。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。