「軽」がホンダを変える、クルマ作りを抜本改革

N BOXにおけるアジアからの部品調達比率は15%程度と、ほかのホンダ車と大きく変わらないが「とっかかりはできた。次の新車ではさらにドライブをかける」(松本統括)。特に小型車領域では、アジア部品のさらなる活用が大きな課題になる。

何も特別な事ではない。各地域が開発を含め自己完結する“真のグローバル化”。それがホンダが描く第二の創業の姿だ。当面の目標は、14年に発売される新型フィット。同車でホンダは世界6極で開発・生産する「世界6極同時立ち上げ」に挑む。

今ホンダは車作りそのものを変えようとしている。第1弾となるN BOXは、単なる軽自動車ではない。その成否は文字どおり、今後のホンダを左右することになる。

ホンダの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(並木厚憲 撮影:尾形文繁 今井康一 =週刊東洋経済2012年1月21日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT