平成不況の本質 雇用と金融から考える 大瀧雅之著

平成不況の本質 雇用と金融から考える 大瀧雅之著

個人がネットワークなしに生活できるという「反社会的」な経済構造の変化や議論が横行していると著者は言う。

「反社会的」な所作の一つが「若者被害者・年配加害者論」。空虚な構図の下で、単に世代間の対立をあおっただけと。「リフレ論」は、デフレが不況の原因であり、それは金融政策の誤りに帰着すると主張するが、超緩和金融政策でインフレが起こるのか不分明なうえに、貨幣固有の価値を認めないナンセンスな貨幣数量説に依拠し、ハイパーインフレという「反社会的」な現象を呼び込むとも指摘する。

誤った経済理論、あやふやな統計手法を払いのけると、日本経済のこの20年がどのように見えるか、今後いかにあるべきかを明らかにする。

岩波新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。