平成不況の本質 雇用と金融から考える 大瀧雅之著

平成不況の本質 雇用と金融から考える 大瀧雅之著

個人がネットワークなしに生活できるという「反社会的」な経済構造の変化や議論が横行していると著者は言う。

「反社会的」な所作の一つが「若者被害者・年配加害者論」。空虚な構図の下で、単に世代間の対立をあおっただけと。「リフレ論」は、デフレが不況の原因であり、それは金融政策の誤りに帰着すると主張するが、超緩和金融政策でインフレが起こるのか不分明なうえに、貨幣固有の価値を認めないナンセンスな貨幣数量説に依拠し、ハイパーインフレという「反社会的」な現象を呼び込むとも指摘する。

誤った経済理論、あやふやな統計手法を払いのけると、日本経済のこの20年がどのように見えるか、今後いかにあるべきかを明らかにする。

岩波新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT