危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ ケインズ学会編

危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ ケインズ学会編

20世紀最高の経済学者とたたえられるJ・M・ケインズにあらためて多面的にスポットライトを当てた書。リーマンショック後の世界経済危機は、同時に現代資本主義の理論的な支柱であるマクロ経済学も揺るがし、その理論に原点回帰を迫っているようだ。

個別の議論では、「ケインズと今日性」「ケインズと新自由主義」と題され、彷徨の資本主義の方向性や市場と国家のベストミックスを探ったものが含蓄深いが、日本においての最大の関心は現時点での「デフレ不況」への処方箋ではないか。その点では、経済学者3人による「かみ合わない議論」が現状理解を端的に表しているといえようか。

ケインズは著作も多く、ケインズ自身の関心領域も幅広い。全30巻のマクミラン版全集が刊行されているものの、それに基づいた研究に日本は出遅れている。2011年5月の「ケインズ学会」(本書の編者)の発足を契機に、新たな研究に進んでほしいものだ。

作品社 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT