大衆幻想によって日本は動かされている--『革新幻想の戦後史』を書いた竹内洋氏(関西大学教授、京都大学名誉教授)に聞く

とかく、国民の皆さんとか視聴者の皆さんと言うが、人々はマイクを向けられると、自分が考えていることを言うのではなくて、こういう場合はこう言うべきではないかと考え、答えている。大衆は本当は特徴がなく、その意見も幻想ではないか。実態としては、こういうことは言ったらいけないといった「大衆目線」がものすごく強い。「上から目線がいけない」というのはまさにそれを表した表現なのではないか。

──日本人は一つの方向に流されがちですか。

個人主義だったら、ほかの人と同じではいけないとなる。欧米に行っていつも思うが、レストランで注文するとき、彼らは「私も」とは言わない。個人主義の病理かと思うほど、違うことを言う。これに対して日本人は「ミーツー社会」。

──でも、一方で、欧米の人は連帯も求めます。

個人主義でも、キリスト教などの共通項があるから利己主義ではない。日本人は個人主義マイナスキリスト教だからエゴイズムになる。日本の個人主義者は自己中(心的)であって、博愛がない。他者への感受性という意味で空気を読むのはいいが、危険性も大いにある。

たけうち・よう
1942年新潟県に生まれる。京都大学教育学部を卒業。京大大学院教育学研究科博士後期課程を単位取得満期退学。京大大学院教育学研究科教授などを経て、関西大学人間健康学部教授。専攻は歴史社会学、教育社会学。著書に『日本のメリトクラシー』『学歴貴族の栄光と挫折』『教養主義の没落』など。

(聞き手:塚田紀史 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2012年1月7日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。


『革新幻想の戦後史』 中央公論新社 2940円 546ページ


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。