男の一日一作法 小笠原敬承斎著

男の一日一作法 小笠原敬承斎著

小笠原流礼法宗家が礼儀作法の基本を説く。

「男の」とあるのは、小笠原流礼法が室町期の武家社会において確立したもので、その根底にある考え方は男性社会の中で築き上げられてきたものだからだ。小笠原流の伝書は膨大で、手紙の書き方一つを取っても、相手の地位や自分の立場などによって、宛名の書き方などが異なる。そのうちはしの上げ下ろしから、靴の脱ぎ方、冠婚葬祭での心得、ビジネスシーンでのマナーまで、さまざまなシチュエーションでの礼儀作法が収録されている。

すべての作法に共通するのは、相手を大切に思う心だという。根底にその心遣いがあれば、おのずと礼儀作法は身に付くと説く。

光文社新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。