男の一日一作法 小笠原敬承斎著

男の一日一作法 小笠原敬承斎著

小笠原流礼法宗家が礼儀作法の基本を説く。

「男の」とあるのは、小笠原流礼法が室町期の武家社会において確立したもので、その根底にある考え方は男性社会の中で築き上げられてきたものだからだ。小笠原流の伝書は膨大で、手紙の書き方一つを取っても、相手の地位や自分の立場などによって、宛名の書き方などが異なる。そのうちはしの上げ下ろしから、靴の脱ぎ方、冠婚葬祭での心得、ビジネスシーンでのマナーまで、さまざまなシチュエーションでの礼儀作法が収録されている。

すべての作法に共通するのは、相手を大切に思う心だという。根底にその心遣いがあれば、おのずと礼儀作法は身に付くと説く。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。