男の一日一作法 小笠原敬承斎著

男の一日一作法 小笠原敬承斎著

小笠原流礼法宗家が礼儀作法の基本を説く。

「男の」とあるのは、小笠原流礼法が室町期の武家社会において確立したもので、その根底にある考え方は男性社会の中で築き上げられてきたものだからだ。小笠原流の伝書は膨大で、手紙の書き方一つを取っても、相手の地位や自分の立場などによって、宛名の書き方などが異なる。そのうちはしの上げ下ろしから、靴の脱ぎ方、冠婚葬祭での心得、ビジネスシーンでのマナーまで、さまざまなシチュエーションでの礼儀作法が収録されている。

すべての作法に共通するのは、相手を大切に思う心だという。根底にその心遣いがあれば、おのずと礼儀作法は身に付くと説く。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT