元気と勇気が湧いてくる経済の考え方 柳川範之著

元気と勇気が湧いてくる経済の考え方 柳川範之著

正月には、一年の計として新年の抱負を考える人が少なくない。が、著者は、それをきっちり決めるのは大きな間違いと指摘する。目標は環境変化に応じて変化するもの、と経済学では教えるからだ。

逆に、だから目標は立てなくてもいい、ということでもないという。将来がよくわからないからこそ、目標や夢を明確にしておくべきで、それは仮置きで構わない。わかってきた程度に応じて目標や夢を修正すればよく、「いくつかのレベルに目標を切り分け」、柔軟に対応する。リスクを考えれば、ポートフォリオを組み、分散投資や序列づけをすることも大事だと説く。

どのように将来を考えていけばよいのか。その考え方のコツを「経済の考え方」によって整理する。「元カレのプレゼントと試験勉強の意外な関係」「コンビニ弁当から転職を考える」ほか、身近なかみくだかれた事例によって、生き方の選択肢を広げるヒントやアイデアを伝授してくれる。

日本経済新聞出版社 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT