アラブ革命はなぜ起きたか エマニュエル・トッド著/石崎晴己訳

アラブ革命はなぜ起きたか エマニュエル・トッド著/石崎晴己訳

人類学と人口統計学を駆使する立場からは、アラブの春は予見されていた。本書は世界の家族システムを類型化し、識字率の上昇と合計特殊出生率の低下によって社会が民主化へと急速に動きだすことで旧体制が崩壊すると立論している。チュニジアは内婚率が低下し、識字化は男女とも中東で最も早く、出生率の低下ではイランやイラクに20年も先行していた。であれば民主化運動が起こるのは時間の問題だったし、エジプトは女性の識字率以外はチュニジアと同列であるから民主化が飛び火するのは十分予想されたという。

イスラーム社会は民主化から最も遠いと決め付けてきた欧米の文化人やメディアが事態の本質をつかめず右往左往するのを軽妙にやり玉に挙げるなど、軽口や脱線を交えた問答形式で、著者の思考プロセスが明快に理解でき、抜群に面白い。ドイツ人への辛口論評や中ロへの言及も興味深く、老化する西欧への警告は日本にも当然当てはまる。(純)

藤原書店 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT