マンガ喫茶と打ち込めばネットカフェまでヒットする、そこが強みです--村上太一・リブセンス社長(第1回)


 何より当社の技術や研究は、他社がマネできないレベルまで来ているんですよね。特にサイトの使い勝手に関しては、かなり細かい作り込みをしています。たとえば、サイト内のフリーワード検索で「漫画喫茶」と打ったら「ネットカフェ」が含まれるページもヒットするようにするとか、レコメンドの仕組みを強化するとか。

異常なレベルでこだわっている。私たちは楽しいと思ってやっていますが、他社は面倒がってここまで細かくやりません。

また、ユーザーがグーグルなどの検索エンジンでアルバイト情報を検索した際、当社サイトが検索結果の上位に表示されるようSEO(検索エンジン最適化)対策も徹底しています。今は「アルバイト 渋谷」とか「アルバイト 居酒屋」など、複合ワード対策を強化しています。

実はシステムやデザインまで内製化しないとなかなか当社のように細かいレベルでの対策はできないんです。SEO対策を専門とする会社も、システムの内部レベルまでは入り込めません。技術者のレベルの高さに加え、システム・デザイン・SEO対策といった全機能が社内にあるのが当社の強みです。

どこかで成長が頭打ちとなるのではと言われますが、もちろん現行サイトがこのままで伸び続けるとは思っていません。つねに次の施策のストーリーを描いています。段階ごとに施策があり、それを着々と打っていけば伸び続けると信じています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。