マンガ喫茶と打ち込めばネットカフェまでヒットする、そこが強みです--村上太一・リブセンス社長(第1回)


--なぜ人材採用大手のリクルートは成功報酬型の求人広告をやらなかったのでしょうか。

おそらく掲載料をとる仕組みのほうが、収益が上がりやすいからだと思います。リクルートさんは営業マンをすでにたくさん抱えていたため、営業のいらない成功報酬型の広告に切り替えにくかったのかもしれません。

うちは正社員36人のうち営業は2人だけ。彼らには大手飲食店などを回ってもらっています。営業マンを必要としないビジネスモデルです。

ちなみに売掛金でいくと当社を利用してくださる上位企業はゼンショー(HD)さんやユニクロさんなどです。掲載料型と併用する企業が多いですが、徐々に当社だけに絞る会社も増えてきています。掲載料型の広告では、人が採れなければ掲載料をドブに捨てるようなものですからね。

--今、売り上げが約10億円、営業利益が約4億6000万円とかなり利益率が高い。当然追随する会社が出てくると思いますが、先行の利はあるのでしょうか。

今では成功報酬や祝い金という仕組みは当たり前になり、この手のサイトは100社近くありますが、うまくいっているのはうちくらいです。現在当社のサイトには4万2000件の求人掲載があり、ユーザー数に関してもおそらく大手求人サイトをすでに上回っているかもしれません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT