マンガ喫茶と打ち込めばネットカフェまでヒットする、そこが強みです--村上太一・リブセンス社長(第1回)


--なぜ人材採用大手のリクルートは成功報酬型の求人広告をやらなかったのでしょうか。

おそらく掲載料をとる仕組みのほうが、収益が上がりやすいからだと思います。リクルートさんは営業マンをすでにたくさん抱えていたため、営業のいらない成功報酬型の広告に切り替えにくかったのかもしれません。

うちは正社員36人のうち営業は2人だけ。彼らには大手飲食店などを回ってもらっています。営業マンを必要としないビジネスモデルです。

ちなみに売掛金でいくと当社を利用してくださる上位企業はゼンショー(HD)さんやユニクロさんなどです。掲載料型と併用する企業が多いですが、徐々に当社だけに絞る会社も増えてきています。掲載料型の広告では、人が採れなければ掲載料をドブに捨てるようなものですからね。

--今、売り上げが約10億円、営業利益が約4億6000万円とかなり利益率が高い。当然追随する会社が出てくると思いますが、先行の利はあるのでしょうか。

今では成功報酬や祝い金という仕組みは当たり前になり、この手のサイトは100社近くありますが、うまくいっているのはうちくらいです。現在当社のサイトには4万2000件の求人掲載があり、ユーザー数に関してもおそらく大手求人サイトをすでに上回っているかもしれません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。