今年の就活は短期決戦必至--豊富なプログラムで学生を支援する立大キャリアセンター

今年の就活は短期決戦必至--豊富なプログラムで学生を支援する立大キャリアセンター

日本経団連の倫理憲章変更により、今年から企業の採用広報活動が12月開始と、従来よりも2カ月後ろ倒しになる。このため、例年ならば企業が10月から会社説明会を開催していたが、今年は企業が12月まで本格的に動けない。

日本経団連は採用広報開始を12月としたものの、選考(面接)開始は4年生の4月からと、従来通りにした。学生の就活期間が2カ月短くなり、今年の就活は「短期決戦」と言われている。単に就活スタートが2カ月後ろ倒しならば慌てることはないが、就活期間の短縮となればのんびりしているわけにはいかない。

各大学のキャリアセンターでは、学生が12月1日からスムーズに就活をスタートさせることができるように、10~11月中にさまざまなプログラムを用意して学生を指導している。そして、12月になると就職指導はますます熱を帯びることになる。

立教大学の就職支援プログラムスケジュールを見ると、プログラムの内容の豊富さに驚く。一昔前、まだキャリアセンターが就職課と呼ばれていた頃にはまったく考えられない内容だ。

10~11月はエントリーシート(ES)対策、面接対策、筆記試験対策の講座を開設するほか、筆記の模擬試験も行う。OB・OG訪問の仕方や企業研究の方法に関するレクチャーもある。

また、企業の人事部を招いて業界・企業研究会をすることができないので、OB・OGや既に内定を取得した4年生が業界や企業について話すというプログラムもある。このほか、帝国データバンクなど企業調査のプロが業界・企業研究について解説することもある。

12月に入ると、面接講座の上級編が始まる。面接講座ではキャリアセンターの職員が講師を務めるが、OB・OGが模擬面接の面接官を務める講座も用意されている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT