広島カープは最高の「地方再生モデル」だった

「カープ女子」という言葉に隠された真実

ということでカープの話を書きたいわけですが、経済コラムですし、この機会でもありますので今回のお題は「広島東洋カープに見る地方再生ビジネスのヒント」と致したく存じます。

なぜカープは最高の「地方再生モデル」なのか

カープに関しては、さまざまな経済学的考察及びビジネス上の分析が可能なのですが、地方再生にとって大変貴重かつ大きなヒントになりうる点がいくつかあろうかと思うのです。

なぜ、カープはこれほど広島に根付いているのか。そして1975年以来、12球団で唯一赤字になっていないという黒字経営をすることが可能なのか。そのあたりを真面目に考えてみましょう。

まず、カープは企業による親会社がなく、公開こそしていませんが完全な株式会社となっています。そして、オーナーである松田元氏(64)はもちろん、あのマツダ(旧東洋工業)の創業者一族(曽祖父が創業者の松田重次郎氏)でもあるわけですが、会社、つまりマツダそのものは全く関与せず、個人で株を保有しているので、マツダからは完全に独立した野球球団として経営されています。

つまり読売ジャイアンツなどと違って、親会社である企業からの支援(及び口出し)は一切ない。個人の方が株主ですから当然オーナーシップがあり、ファンと言えども所有者である、という方が多数おられるわけでして、このあたりの「当事者意識」というのが他球団とは全く異なります。

もちろん市民が全員株主であるわけではありませんが、勤め先の社長が株主で、年間指定席券をもらって見に行くこともありますし、取引先がそういう所もあるでしょう。そういう意味で広島のありとあらゆるところにオーナーシップの意識が根付いているというのが一番の強みです。

次ページ「横並び」と真逆の独自戦略こそ、カープの神髄
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT