あえて遠い時代と見る感性が大事--『昭和天皇と戦争の世紀』を書いた加藤陽子氏(東京大学大学院教授、歴史学者)に聞く

あえて遠い時代と見る感性が大事--『昭和天皇と戦争の世紀』を書いた加藤陽子氏(東京大学大学院教授、歴史学者)に聞く

太平洋戦争の開戦から70年。史料的な裏付けが整うとともに、昭和天皇論が盛んになってきた。「生涯に三度焦土に立つことになる」近代立憲制下の天皇は、激動の「昭和戦争期」にいかなる役割を担ったのか。

──実証史家としてのまなざしはあくまで温かい。

昭和天皇は、晩年に入江相政侍従長を相手に1946年作成の「聖談拝聴録」の加筆修正を試みている。それは断続的に10年続く。東京裁判の対象となった、28年以降の17年について、何度も書き直している。

歴史の動力となった政治的人間が、一生の中で重要だと考えていた戦争指導。不本意ながらそれとともに生きなければいけないように運命づけられた人間が、いちばん評価されたかった問題は何か、気に掛けていた問題は何か。言葉を換えれば、昭和天皇において、歴史に登場するに当たって不得意な戦争指導を課せられた政治的人間の非情で不合理な世界を書きたかった。

──断罪しているところもあり、弁護しているところもあります。

当時、天皇自身には見えなかった米国や英国、中国の動き、それは実はこうだったと記した。ある種のレクイエム。こういうことは今ではわかっていて、でもあなたには見えなかったと。いわばこの本は私と昭和天皇との対話の書だ。

──事象の検証は厳密で、「三度焦土に立つ」運命から書き起こしています。

昭和天皇は皇太子時代に欧州の第1次世界大戦の戦場を訪れ、摂政として関東大震災の被害をつぶさに見ている。総力戦の悲劇を知りながら開戦に歩み出し、そして東京大空襲による焦土に立つ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT