あなたにも出来る!社労士合格体験記(第40回)--突然の激痛に、救急車で搬送


 ところが、3日経過しても状況は変わりません。医師に相談すると、「心配しなくてもそのうちに溶けて出てきますよ。昔は縄跳びをして排出を促進したものです」といささか悠長です。「でも、仕事もあるのでこれ以上休めないのですが」と相談すると、衝撃波で砕く方法があるとのこと。その方法なら翌日には退院でき、翌々日からは仕事も始められるといいます。早速、紹介状を書いてもらって、「体外衝撃波結石破砕術」のできる板橋区の大和病院に転院することになりました。

中野区の病院からバス、JR、地下鉄と乗り継いで、妻が持ってきてくれたリュックを背負って移動する様は、まるでバックパック旅行をしているようで、治ったわけでもないのに思わず笑いが込み上げてきました。

常連にならないために

案内された病室には、これで施術3回目という、結石事情通の入院常連さんがいて、これからの手順を詳しく説明してくれました。意外に簡単なので安心しましたが、一度なると体質的に繰り返す人が多いと聞き心配も。それ以来、絶対再発は回避したいと、水分補給には神経を使っています。

施術した夜は激痛で、また痛み止めのお世話になりましたが、翌日退院。2~3日、血尿は続いたものの、翌々日から仕事に復帰することができました。

被保険者と被扶養者で給付の名前が違う

ところで、健康保険法では被保険者に関する保険給付として、私もお世話になった「療養の給付」「入院時食事療養費」などが規定されています。ただ、社労士試験では、被扶養者に関する給付の場合は、同じものが「家族療養費」と名前が変わることがよく問われるので気をつけてください。

「療養の給付」は「診察」のほかにも、「病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護」が規定されています。この場合、70歳未満の被保険者の一部負担金は、原則3割です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。