ちまたにあふれる保険情報はウソだらけだ

保険になんとなく入るのは、間違っている

あなたが生命保険に入ったきっかけはなんですか?(写真 : xiangtao / PIXTA)

日本では多くの人が「保険は入るもの」だと考えています。では、なぜ「保険は入るもの」だとほとんど疑うことなく信じているのでしょうか。

あなたは生命保険に入っているでしょうか。どのようなタイミングで入ったのでしょうか。「保険に入るきっかけ」は各人各様それぞれでしょうが、そのうち代表的なものは、「社会人になったから」「友人や先輩に紹介され、保険営業員に勧められたから」「結婚が決まったから」「子供ができたから」あたりではないでしょうか。

欧米人には理解でない日本人の保険の入り方

この話を欧米人にすると、誰もが首をかしげます。説明しても、なかなかわかってもらえません。理解してもらえるのは、せいぜい「子供ができたから」くらいです。子供が誕生した際に保障額を見直すのはわかるのですが、そのほかの「保険の入り方」は理解ができないようです。彼らは、保険は保障が必要になった時に最低限入るものだ、と考えています。

そのため、どうして「社会人になったから」保険が必要になるのかわかりません。結局、日本人は「なんとなく保険に入る」人たちなのだ、と理解して話は終わります。(連載第3回「保険はできるだけ入らない」が世界の常識

確かに考えてみると不思議です。なぜはっきりとした理由もないまま、保険に入ってしまうのでしょうか。どうも「保険は入るもの」との先入観が強いために、そもそも「保険が必要かどうか」についてはほとんど考えていないように思われます。だから、社会に出る、結婚をする、といったライフステージが変わるタイミングで保険を勧められると、必要性を疑うことなく保険に入ってしまうのです。

その原因は、偏った情報に基づいて判断してしまうからです。

次ページ「売り手サイド」の保険情報ばかりが溢れている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。