ちまたにあふれる保険情報はウソだらけだ

保険になんとなく入るのは、間違っている

あなたが生命保険に入ったきっかけはなんですか?(写真 : xiangtao / PIXTA)

日本では多くの人が「保険は入るもの」だと考えています。では、なぜ「保険は入るもの」だとほとんど疑うことなく信じているのでしょうか。

あなたは生命保険に入っているでしょうか。どのようなタイミングで入ったのでしょうか。「保険に入るきっかけ」は各人各様それぞれでしょうが、そのうち代表的なものは、「社会人になったから」「友人や先輩に紹介され、保険営業員に勧められたから」「結婚が決まったから」「子供ができたから」あたりではないでしょうか。

欧米人には理解でない日本人の保険の入り方

この話を欧米人にすると、誰もが首をかしげます。説明しても、なかなかわかってもらえません。理解してもらえるのは、せいぜい「子供ができたから」くらいです。子供が誕生した際に保障額を見直すのはわかるのですが、そのほかの「保険の入り方」は理解ができないようです。彼らは、保険は保障が必要になった時に最低限入るものだ、と考えています。

そのため、どうして「社会人になったから」保険が必要になるのかわかりません。結局、日本人は「なんとなく保険に入る」人たちなのだ、と理解して話は終わります。(連載第3回「保険はできるだけ入らない」が世界の常識

確かに考えてみると不思議です。なぜはっきりとした理由もないまま、保険に入ってしまうのでしょうか。どうも「保険は入るもの」との先入観が強いために、そもそも「保険が必要かどうか」についてはほとんど考えていないように思われます。だから、社会に出る、結婚をする、といったライフステージが変わるタイミングで保険を勧められると、必要性を疑うことなく保険に入ってしまうのです。

その原因は、偏った情報に基づいて判断してしまうからです。

次ページ「売り手サイド」の保険情報ばかりが溢れている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT