プロが伝授!大地震に備える4つの心得

いざという時に慌てないために

「いつか来る」大地震に備えて日頃からいろいろと準備しておきましょう(写真:kei-tanizaki / PIXTA)

南関東を震源地とする首都直下地震。想定されるマグニチュードは7.3。そして、静岡県の駿河湾から四国沖に伸びる4000mもの深い溝を震源とする南海トラフ地震。想定される最大マグニチュードは日本の地震史上最大のマグニチュード9.1だ。政府の試算によると、その発生確率は30年以内にともに70%という。

巨大地震の発生確率は30年以内に70%

防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実さん

国土地理院ホームページによると、「日本およびその周辺では世界で起こっている地震の約10分の1が発生している」。地球の表面を板のような層で覆っている「プレート」と、地面の岩の中にある割れ目がずれる「断層」のそれぞれが、日本列島に地震を起こしやすいメカニズムを持っている。日本に住んでいる以上、誰もが大地震の危険と隣り合わせで生きていることを忘れてはならない。

8月8日(土)にTBSテレビで放送する「ジョブチューン」に出演する防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実さんは、地震などの災害から都市、街や人々を守る研究・調査を40年余りの長い期間活動している。これまで国内外の災害を調査し、阪神淡路大震災や東日本大震災の際にも被災地を訪れ、自らの目と足で被害の実態を細かく調査。また、これまでに防災に関する書籍を18冊も執筆・監修。誰もができる「身近な防災・減災・備災」を提唱する防災の第一人者だ。

大地震がもしも起きてしまったとき、私たちはどのような行動をとればよいのか?その日のためには、どんな備えをしておくべきなのか?防災のスペシャリストである渡辺さんが、4つのポイントを教えてくれた。

次ページいちばん大事なのは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT