プロから見て「日本の国内線」は安全ではない

搭乗客の身分は不詳、隣はテロリストかも?

あなたの隣の人は、どういう人なのか?日本の航空会社は国内線の顧客を厳密に把握していない(写真 : northsan / PIXTA)

「日本の国内線に乗る時って、身分証明のチェックがまったくないんですね。誰かが他人になりすまして乗って来て、テロ行為でも仕掛けられたらどうするんだろう……って思うとコワイですよね」

国内線で大阪に飛んだ時、隣に座った米国人ビジネスマンからそんなことを尋ねられた。国際線に乗る時には搭乗前にパスポートを何度もチェックされるのに、国内線ではまったくそんな手続きはなし。改めて外国人に指摘され、何もチェック機能が働いていないのはテロ防止の観点からすると、確かにコワイ。日本の機体整備は世界に誇れるもので、安全性は極めて高いだろうが、別のところで減点される要素があるのは残念だ。

身分証不携帯でも乗れる日本のヒコーキ

なぜ、国内線の安全基準は国際線と大きく異なるのだろう(関西空港にて)

日本の国内線に乗る際の流れを、いま一度振り返ってみよう。

チケットは、ネットで購入しようが旅行代理店などで購入しようが、その際に身分証明書的なもののデータの提供を求められることはない。

搭乗手続きの際も、オンラインでの手続きであれ、空港で搭乗券をピックアップの時でさえ何も尋ねられない。そして搭乗ゲートでは自動改札機に搭乗券をかざすだけでOK。つまり一貫して、「ボクが誰だか」がチェックされることはないのだ。

もっとも最近では、各社のマイレージプログラムに加入している人がとても多いので、本当に大きな事件でも起きたら、会員情報が身分特定の一助になるとは思うが、実際の搭乗時に本人であるかどうかの最終確認はしていないのだから「替え玉搭乗」を見破ることができない。かつては搭乗券に年齢と性別が打ち込まれていたので、それとまったく違う属性の乗客が来たら「おかしい」と職員が感じるタイミングもあっただろう。しかし、今ではセキュリティチェック前のバーコードリーダーにQRコードをかざして終わりなので、ここで「異変」に気がつくこともない。

次ページでは海外の手続きはどうなっている?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT