「英語はムリ」を克服する、たった3つの手順

できる子どもは自然に行っている!

さて、これをやると、目、耳、口という五感のうちの3つの器官を使うことで、黙読に比べ定着率が高くなるという現象が起こります。目からは英文の形が入り、耳で音という形で入り、口は発音するときの口の形でインプットされていきます。テストでは穴埋め問題がありますが、口が覚えているので、すらすらと言えてしまいます。

この20回の音読ですが、人により回数に差があると思いますが、私が実験したかぎりでは、15回の音読では効果はそれほどなく、やはり20回から効果を発揮しました。ですから20回音読を推奨しています。

2.単語は最後に覚える(音読前に覚えるとすべて無駄になる) 

「英語は単語が重要!」というのは、ある意味正しいですね。しかし、どのようにして単語をインプットするかは、さらに重要なことなのです。

新しいレッスンが始まって、始めに新出単語を覚え、それから本文を勉強するという方法が一般的ですが、初めて見る単語をただやみくもに覚えても、頭にはなかなか入りません。そのような方法をやっていると「英語=単語を覚える=嫌悪感」という構造が出来上がってしまい、いつしか英語から足が遠のきます。

ではどうすればいいか。単語を覚えるのは、例の「音読20回」終了後に行うのです。初めに新出単語を覚えることをやってはいけません。いたずらに頭脳に負荷がかかるだけです。

音読を20回すれば、新出単語は自然と形が目から入り(さらに発音もしているので)、音読終了後は、何となく記憶されています。ですので、その確認の意味で自作単語テストを行って、はっきり書けなかった単語だけを書いて覚えていくのです。今までの調査では、このような方法で行った場合、新出単語の正答率は初回の単語テストで60~70%にもなりました。

知らない単語をすべて覚える場合の負担と、何度か目にしてうろ覚えだった単語(30~40%分)だけを覚える場合の負担では、随分と異なるのです。これによって時間の節約だけでなく、英語に対する嫌悪感が減少し、楽しくなっていくという「おまけ」まで付いてきます。

このように、単語を覚える段階を変えるだけで、英語の出来は天と地ほど変わってしまうのですから、驚きます。

最後の仕上げは問題集で

3.教科書準拠の問題集を、繰り返し3回解く

そして、最後の仕上げは、問題集です。文法問題を含め、問題を実際に解いてテストしなければ成果がわかりません。問題集を使ううえで大切なことは、2つあります。1つは、教科書準拠の問題集を使うことです。学校の試験は、教科書の範囲で行われるため、教科書準拠が望ましいのです。ところが、意外にも、そうではない問題集を使ってしまっている子が多いのです。

通常、学校で配布されているためそれを使うといいのですが、もし配布されていないようであれば、市販されている教科書準拠の問題でもよいでしょう。そして2つ目は、「間違えた問題を最低3回は繰り返し解く」ということです。できない生徒の典型例は、「1回解いて、〇×をつけておしまい」です。これでは問題を解くだけ時間の無駄になります。頭にインプットさせることが目的ですから、間違えた問題を最低3回は繰り返してみてください。

このように、勉強には効果を出すための手順があります。この手順をはずさなければ、少なくとも80~90点は取れるようになります。このように、一見、当たり前のように見えて、意外とその通りにやっていないことが王道だったりするのです。ぜひ、一度試してみて下さい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT