イラン大統領選で最高指導者が見せたサプライズ 改革派大統領を登場させた最高指導者の本音

✎ 1〜 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26
著者フォロー
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

縮小
2024年7月、イランの新しい大統領に選出されたペゼシュキアン氏(写真・EPA=時事)

2024年5月、アゼルバイジャンからヘリコプターで帰国する途中に墜落事故で亡くなったイランのライシ大統領の後継者を選ぶイラン大統領選が、イラン現地時間2024年7月5日に行われ、改革派のペゼシュキアン氏が当選した。

亡くなったライシ氏は反米保守強硬派で知られていた。イランの置かれた状況から、後継者はライシ氏の遺志を継ぐ者であると予想され、下馬評として上がっていた名前はいずれも強硬派に属する人間ばかりであった。

イランの国情から普通に考えると、イラン最高法学者権威であるハメネイ師にとっても、より好ましいのは強硬派だ。それなのに、なぜかハメネイ師は選挙に露骨に介入した。

これまで大統領候補者としてふさわしい人かどうかを事前に審査する「護憲評議会」と呼ばれる組織が、過去に不適格としたペゼシュキアン氏の立候補資格審査を通過させたのだ。

最高指導者ハメネイ師の投票用紙

イラン大統領選挙の決選投票日の7月5日午前8時、投票所に現われたハメネイ師は、投票用紙を受け取ると、前代未聞のとんでもない行動を取った。

この最高指導者は投票用紙を持って投票記載台に向かい、誰にも見えないように意中の候補者の名前を記入するかわりに、投票立会人、投票管理人、生放送の報道カメラが回る場で、自分の手元が映るように候補者の名前を書いた。

そこには、なんと! 改革派のペゼシュキアン氏の名前があったのである。「ペゼシュキアン」と書くハメネイ師の向こう側で、「えっ?! ハメネイ師は強硬派ではなく改革派を推している!!!」とでも言うかのように目を丸くする選挙立会人などのスタッフが驚く様子がイラン中に報道された。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事