その安易な「sorry」は謝罪になっていない

60日集中特訓!ビジネス英語術 第17回

ビジネスではsorryよりもapologizeのほうが有効的(sai088/PIXTA)

メール以外でもよく聞く事なのですが、謝罪の時に何でもかんでも「I’m sorry」で済ませたり、自分に否が無いのに「とにかく先に謝るべき」という日本人特有の習慣から、I’m sorryを多発している方をよく見かけます。

「謝る」という行為は「自分に否がある」と認めることですので、「sorry」の安売りはやめましょう。それでも、謝ることが必要なときのI’m sorry以外の表現を今日は勉強しましょう。

ただ謝ればいいわけではない

I (sincerely )apologize for my not finishing the work in time.
期限までに仕事を終えられなかった事(誠に)申し訳ございません。

I’m sorryよりも丁寧でフォーマルな謝罪の言葉として、ビジネスではapologize が使われます。sincerelyやreallyを入れることによって、心から謝罪している感じが伝わります。

Please accept my sincere apologies for not responding to your e-mail.
メールに返信していなかったこと、大変申し訳ございません。
 

ただ謝ればいいのではなく、その後が大事です。それが起きた理由の説明や、信頼回復のために今後の対応について必ず付け加えましょう。

It’s taking longer than I expected. 
予想していたよりも時間がかかっています。

I will take full (the entire) responsibility for this.
この件につきましては私が全責任を負います。

I promise this will never happen again.
二度とこのようなことがないようにいたします。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。