相手を納得させるメールは一体何が違うのか

60日集中特訓!ビジネス英語術 第15回

苦情の対応時こそ、相手の信頼を得るチャンス(miya227/PIXTA)

昨日に引き続き苦情メールの勉強をします。昨日は苦情を言う側でしたが、今日は苦情への対応です。

この場合、あいまいにせず自分側の過失とそうでない点は明確にしましょう。今後の取引の事を考えて、最後にはきちんと結びの一文を入れることを忘れないようにしましょう。謝罪表現(I’m sorryを含む)については長くなりますので、次週で取り入れたいと思います。

「結びの一文」がポイント

We believe the problem was not caused due to the disk failure.
その問題はディスクの不具合によるものではないと思います。

we believeを入れないと断定の文章になってしまい印象が悪くなるので、必ず入れて下さい。

due to~「~の原因で、~のためで」はよく知られていますが、due「当然支払うべき・支払期日の来た・当然の・~のはずで」という意味も必ずおさえておきましょう。

Your payment for invoice No.233 was due at the end of this week.
インボイスナンバー233は今週末が支払期限でした。
 
Her success is due to her effort.
彼女の成功は彼女の努力によるものである。
 

結びの文章は、関係を改善するためにも、前向きなものすることが大切です。

We really hope this will resolve your problem.
これにより問題が解決できることを心から願っております。
If you have any further questions, please feel free to contact us.
もし、ほかにまだご質問がございましたら、ご遠慮なくお知らせ下さい。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。