20代営業女子が抱えるキャリアの悩みとは?

「ロールモデルがいない!」「先が見えない!」

ほかに多くの女性が口にした悩みは、この先も営業のままでキャリアを積んでいくべきなのかというものだった。「入社以来、営業の仕事しかやったことがないので不安です」という女性は、「営業の仕事で身につけた経験やスキルってほかの職種に汎用できるような気がしないので、マーケティングの勉強をしてみたり、エクセルの資格を取ったりと迷走中です」と打ち明ける。

自分の強みとは何だろうか

エン・ジャパンの吉久あゆみさんが、先輩営業女子として参加者たちにアドバイスを送った

ここで、悩める若手営業女子の前に「先輩スピーカー」として登場したのが、エン・ジャパンに入社して9年目、営業職として「とにかく必死で20代を突っ走ってきた」という吉久あゆみさん(31)だ。

2007年に入社した吉久さんのキャリアは新卒採用支援を行う部門から始まり、その後クライアントの人材採用戦略により深くかかわる部門へ異動。そこで若手育成の役割も担うリーダーとしても活躍し、現在はクライアントの社員研修や評価制度などにかかわる部門で働いている。これまでも第一線でトップセールスを築いてきた。

参加者たちは、日頃なかなか出会えない女性の先輩のスピーチに真剣に耳を傾ける。そんな彼女たちを前に、吉久さんは「誰にでもできると思われがちだけど、誰にでもできるわけではないのが営業という仕事だと思う」と力説する。「ただそれは、自分の強みや自分にしか出せない価値を見つけたうえでのこと。そのためには20代のうちに、目の前のやるべき仕事は徹底的にやり遂げ、嫌なことや難しいことにも果敢に挑戦したほうがいい」とアドバイスする。

「私は一時期、自分の好きなようにやらせてくれないと個性が潰れてしまうのではないかと思っていたことがありました。でも、自分のやりたくないことをやっている中でも最後に残るのが、自分らしさや個性なんだと思うんです。自分の強みを見つけるためにも、自分のやりたくないこと、不得意なことにもどんどん挑戦してください」

自分の強みとは何か――。営業という仕事にスペシャリティを感じないという人は多く、「営業は他職種への潰しが利かないのではないか」「営業で身につけた経験やスキルはほかの職種に生かせないのではないか」という不安を抱えがちだが、実は自分では「強み」だと認識できていないスキルがあるのかもしれない。その強みを自分で認識できるようになれば、ただ数字に追われるだけの仕事のやり方を変えられるかもしれないし、ほかの職種にキャリアチェンジを図る可能性も広がってきそうだ。

そこで朝会では、参加者一人ひとりが自分の強みを思いついたままに書き出すというワークを実施した。わずか3分間という時間でも、付箋に書き出された「強み」は、1人あたり5~10にも上った。たとえば、こんな具合だ。

人が好き、雑談が得意、調整力、ポジティブ思考、体力、人見知りしない、負けず嫌い、すぐに仲良くなれる、根性がある、フットワークが軽い、盛り上げ上手、相手を楽しませる、声が通る、プレゼンが得意、マメ、人の気持ちを酌み取るのが得意、トラブル対応が得意、お酒に強い、ストレス耐性が強い、新規開拓が得意、立ち直りが早い、明るい、睡眠時間が短くても平気、ウェブ知識がある、粘り強い、ミーハー、切り替えが早い、経営者商談、中小企業……。
次ページ人の「強み」を聞いて感じたことは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT