対話の現場/絶対に許せない相手と対話を成立させるには

許せないことがあれば許せる範囲で向き合う

対話とは、理解不能な「やつら」が相手であっても、そこに共通の言葉を見いだし、わかりあえる範囲内で理解と納得を成立させるコミュニケーションである。そうすることで、理解不能な「やつら」とも、限定的ではあるが「わたし」と「あなた」の関係が構築できるのだ。

特定の個人や社会集団を「やつら」としてとらえるかぎり、そこから創造的なものは何も生まれない。そこにあるのは無視、嘲笑、憤怒、あるいは排撃。対話は決して成立しないのである。

最近、世界中で世相に不安が蔓延しているためか、特定の社会集団を「やつら」として排撃する事例が目立っている。ノルウェーのテロ事件や英国の暴動の背景には、「やつら」の問題があるのだ。

最近の日本での、政治家を「無能なやつら」、世間に迷惑をかけた企業を「極悪なやつら」と割り切る風潮は、虚無的でやりきれない。弱者に対する同情が、容易に攻撃に転じるのも醜悪である。窮状に同情して義援金を出したが、その金でのうのうと飲酒やパチンコをするのは絶対に許せない──情けを受けたら分をわきまえろ、ということか。特定の集団に属すると、ごく普通の生活も許されないらしい。

「絶対に許せない」と思うのは大いにけっこうである。肝心なのは、絶対に許せない相手でも、「やつら」として排撃せず、「あなた」として向き合えるかどうかなのだ。

北川達夫(きたがわ・たつお) 
日本教育大学院大学客員教授■1966年生まれ。早大法学部卒、外務省入省。在フィンランド大使館に8年間勤務し退官。英、仏、中国、フィンランド、スウェーデン、エストニア語に堪能。日本やフィンランドなど各国の教科書制作に携わる。近著は『不都合な相手と話す技術』(小社刊)。(写真:吉野純治)


(週刊東洋経済2011年9月3日号)
※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT