対話の現場/絶対に許せない相手と対話を成立させるには

人として許せない! 友人は心底から憤った。友人はA国に10年以上も住んでいた。A国人の同僚とも、長年にわたって一緒に仕事をしており、気心の知れた仲のつもりだった。同僚は犬を飼っていて、ペット談義をきっかけとしたプライベートな付き合いもあった。それなのに、「殺せ」とは! やはり外国人とはわかりあえないのか……。

友人は同僚と絶交するつもりで、言い放った。「あなたが何と言おうと、猫を日本に連れて帰る」と。

ところが、この言葉に対する同僚の反応もまた、予想外のものであった。「飼い主が決めたのだから仕方がない」ということで、今度は猫をできるだけ快適にA国から日本に移動させるべく、献身的に働き始めたというのである。

まず、A国の航空会社と交渉し、猫を客室内に持ち込めるようにした(通常はペット用の特別な貨物室に収容される)。猫のストレスを可能なかぎり軽減させるためだ。

また、日本とA国双方の検疫当局と交渉して、A国で作成した猫の健康診断書を提出することを条件に、日本における動物検疫の免除を勝ち取ったのである。

ただ、献身的に働きながらも、同僚は友人に言い続けていたという。「猫を日本に連れて帰るなんて、あなたは間違っている」と──。

やや長いエピソードの紹介となったが、これは対話による協働の事例として興味深い。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT